お知らせ

2021年7月5日 学校向けのVRのシステムを開発

Oculus Questを用いて学校の授業で用いるVR同時視聴システムを開発しました。数人から数十人の生徒に対し、講師から同じコンテンツの再生/停止等をコントロールできるのでより効率的な授業が可能となり、また、VRのコンテンツにおいて実際の映像を用いることであたかもその場にいるような没入感を得られる為、より習熟度が高まります。

学校向けのVRのシステムを開発

2021年5月10日 3Dスキャナを用いたVRコンテンツを開発

3Dスキャナを用いてVRのコンテンツを自動作成するソフトウェアを開発しました。これにより3Dコンテンツの制作期間、費用を低減することができ、業務における教育トレーニング、バーチャルショールームでの販売促進など様々な用途に展開が可能です。

3Dスキャナを用いたVRコンテンツを開発

2021年2月15日 VR同時視聴パッケージ開発&販売開始

50人まで同時視聴可能な集合研修用のVRシステムの販売を開始しました。数人から数十人の受講者に対し、講師から同じコンテンツの再生/停止等をコントロールできるのでより効率的な講習が可能となり、また、VRのコンテンツにおいて実際の映像を用いることであたかもその場にいるような没入感を得られる為、より習熟度が高まります。

VR同時視聴パッケージ開発&販売開始

2020年9月24日 VR評価測定を開発

Oculus Questを用いて複数人同時に教育用のCGコンテンツを閲覧させ、閲覧結果を評価するシステムを開発しました。講師がPC上の専用アプリで受講者のヘッドマウントディスプレイのコンテンツの操作を制御し、受講者の閲覧結果も自動でPCに取得し、集計できるようにしました。

VR評価測定を開発

2020年7月20日 VRコンテンツ編集ソフト&プレイヤーソフトウェアを開発

弊社開発のVR用のパッケージソフトで、お客様が撮影した360°動画を1台のヘッドマウントディスプレイを用いて閲覧できるVRシステムで、お客様ご自身でVRコンテンツの撮影から編集、導入までカンタンに操作できます。パッケージソフトは 楽々VR編集ソフト(撮影した360°動画に補足情報としてテキスト/画像/2D動画等を挿入、動画をトリミング/カットする編集ソフト)、楽々VRプレイヤー(ヘッドマウントディスプレイ(OculusGO)上で閲覧するプレイヤー)で構成されています。

大手エネルギー会社のVR

2020年5月30日 ARショールーム案内システムを開発

ショールームの来場者に対し、タブレットを貸し出し、来場者は展示物の設備機器に張り付けたARマーカにタブレットをかざすと、製品説明の情報を表示できるようにしました。製品説明は画像、動画、音声を使い展示物をより理解してもらうようなコンテンツとしました。

ARショールーム案内

2020年3月31日 VR向けCG/実写混在コンテンツを開発

CADから3D化したコンテンツやCGコンテンツ、実写の360°動画と組み合わせてVRのコンテンツを作成しました。例えば、実際の製造ラインに導入検討中のロボットの3Dを配置して動かしたりするようなシミュレーションが可能です。

CG/実写混在コンテンツ

2020年3月20日 VR習熟度テストシステムを開発

受講者がVRを閲覧したとしても本当に理解したかどうかは分からないため、ヘッドマウントディスプレイを付けたまま、コンテンツを閲覧後に幾つかのテスト問題で習熟度を確認し、集計結果表示ソフト上で自動的に集計結果を表示させるようにしました。この結果でどこが理解度が低いのか等を把握し、個人差による場合は受講者に直接フォローしmした。また、全体的に習熟度が低い場合はコンテンツの見直しを図るなど次回の講習の改善につなげることができるようになりました。

VR習熟度テスト

2020年1月31日 VR視線追跡システムを開発

・移動中の車のコンテンツをVRを用いて集合研修で活用しました。従来ですと講師が助手席に乗り実際に運転する必要がありますたが、VRを用いることで複数の運転者が同時に学ぶことができるようになりました。また、コースも様々なバリエーションを用意しました。また、単に閲覧するだけではなく、どこを見ているかを取得するトラッキング機能も用いている為、熟練ドライバーと初心者の比較なども可能になり、データに基づき的確な指導が可能になりました。

VR視線追跡

2019年10月21日 触覚デバイス連動のVRシステムを開発

手、腕、足など身体にVRと連動するデバイスを取り付け、VRの映像と連動しながらデバイスを動かす(振動を与えるとか等)ことで視覚及び聴覚に加え、触覚も再現させました。"今回は事故を体感してもらうコンテンツを用意し、運転中にぶつかったとき、デバイスを動かすことでよりリアルに感じてもらいました。また、触覚デバイスは弊社にて独自開発を行い、Bluetooth経由でヘッドマウントディスプレイと連動させました。

触覚デバイス連動で事故体感

2019年8月10日 VR空間内移動システムを開発

専用コントローラーとヘッドマウントディスプレイの組み合わせで製造現場などの稼働空間を移動できるようにしました。製造現場を3Dで再現させ、手を使い作業させ、実際には体験でできない危険なシチュエーションを学べるようにしました。

VR空間内移動

2019年6月1日 自治体向けARのシステムを開発

自治体向けの観光案内ARアプリ開発のご支援をさせて頂きました。

自治体向けのAR

2019年4月15日 大手自動車製造会社のVRシステムを開発

大手自動車製造会社向けの製造現場支援のVRアプリ開発のご支援をさせて頂きました。

大手自動車製造会社のVR

2019年3月10日 大手エネルギー会社のVRシステムを開発

大手エネルギー会社向けの教育用のVRアプリ開発のご支援をさせて頂きました。

大手エネルギー会社のVR

2019年2月20日 どこでもドアARのシステムを開発

史跡でARマーカにタブレット又はスマホをかざすとどこでもドアが表示され、そのドアくぐると江戸時代のバーチャルな空間に移動にできるようにしました。ARマーカは史跡のあちこちに貼られている為、現実と仮想空間を行き来しながら楽しむことができるようにしました。

どこでもドアAR

2018年12月20日 50人のVR同時視聴システムを開発

製造ラインの作業手順等のコンテンツをVRを思いて集合研修で活用しました。従来ですと、工場まで数十人で出向く必要がありましたが、VRを用いることで作業者の立ち位置の360°動画を見ながら学ぶことができるようになり、あたかも製造ラインで作業しているような没入感を得られるようになりました。講師の説明に加え、VRコンテンツ上に注意事項を表示したり、講師が説明時に書きこんだ内容(文字、手書き、図形など)を見ることもできるようにしました。

大手生保向けのVR

2018年9月1日 自治体向け安全教育VRシステムを開発

事故現場を再現させて、高齢者向けの交通安全教育用のVRアプリ開発のご支援をさせて頂きました。

自治体向け安全教育VR

2018年6月15日 測定用ARシステムを開発

現実空間内の相対位置をARを用いて認識させ、自動で測定するアプリ開発のご支援をさせて頂きました。

測定用AR

2018年5月20日 Oculus GOの対応開始

自社のVRアプリを5月上旬に発売されましたOculus GOに対応致しました。スマホ不要で且つ、安価なヘッドマウントディスプレイのOculus GO向けのソリューションを拡充して参ります。

Oculus GO

2018年4月17日 設計・製造ソリューション 展示会出展

名古屋地区で開催された設計・製造ソリューションの株式会社フィリット様のブースにVRアプリを出展させて頂きました。多くの方にお越しくださいまして有難う御座いました。

設計・製造ソリューション 展示会出展

2017年11月15日 教育向けVR同時視聴システムを開発

教育用途向けにVRを用いて数十人同時に視聴可能なシステムを導入しました。社員教育、工場見学、施設見学、アミューズメント施設、イベント、説明会等のプロモーション、展示会など様々な用途に利用することが可能です。

VR同時視聴

2017年6月1日 IoTワールド 展示会出展

名古屋地区で開催された IoTワールドに弊社の設備機器向けIoTソリューションサービス「Symphonia(シンフォニア)」、各種センサーデバイスを出展させて頂きました。多くの方にお越しくださいまして有難う御座いました。

IoTワールド 展示会

2017年4月12日 設計・製造ソリューション 展示会出展

名古屋地区で開催された設計・製造ソリューションに弊社のVRアプリを出展させて頂きました。多くの方にお越しくださいまして有難う御座いました。

設計・製造ソリューション 展示会出展

2017年2月1日  ドキュメント管理&閲覧アプリを開発

従来、タブレット上でドキュメントを閲覧するとき、PCと接続してドキュメントをコピーするなど手間がかかっていました。今回は社内サーバと同期することで自動で更新されたドキュメント(静止画、動画などあらゆるドキュメント)を取り込み、即座に閲覧することができるようにしました。営業用途で用いるカタログ、点検保守で用いる図面、取扱説明書など従来出先で紙の書類を持参する用途に適しています。

ドキュメント管理&閲覧アプリ

2016年11月10日  360° VR工場見学アプリを開発

360° VRのヘッドセットを用いてバーチャル工場見学を実現しました。360° VRを用いてイラスト、動画、360度°静止画であたかも工場を見学しているようなリアリティの高いコンテンツとしております。工場見学以外にコンテンツを変えることでアミューズメント関連、マンションや住宅等の営業用途(販売前に内観や外観のイメージを共有)など様々な用途に活用することができます。

VR工場見学アプリ

2016年9月30日  バーコード読み取りアプリを開発

従来のハンディ端末は高価でしたが、市販のスマートフォンとバーコード読み取り機の一体型のデバイスを用いて定期点検用途において作業の効率アップを図りました。従来の専用ハンディ端末に比べて安価導入でき、またスマートフォン上のアプリケーションを利用するので拡張性が非常に高いです。

バーコード読み取りアプリ

2016年8月10日  360°静止画&動画アプリを開発

製造業の工場案内用の営業ツールのアプリ開発のご支援をさせて頂きました。自社の製造ライン及び外観等を360°のパノラマ静止画や動画で見ることができ、また、インタラクティブに操作可能にしております。360°パノラマに様々な情報をリンクできますので営業時に補足情報として活用することができます。工場の外観はドローンで撮影しております。

360°静止画&動画アプリ

2016年7月31日  スマートウォッチアプリを開発

身に着けたスマートウォッチにクラウド経由で機器からの異常やスケジュールされた予定情報を文字情報とアラームで通知するアプリ開発のご支援をさせて頂きました。スマートフォンやタブレットの場合は、片手で持つ必要があり、自ら通知を都度確認しないといけないのですが、スマートウォッチであれば両手を塞がれることなく、受動的に通知を受信できます。

スマートウォッチアプリ

2016年6月25日  インタラクティブ3Dソフトを開発

CADデータを元にビル、マンション等の内観、外観を3Dで表現し、インタラクティブに操作可能にしたアプリ開発のご支援をさせて頂きました。。壁や床、キッチンなど様々な設備&部材の色や模様を変えたり、手動で360°回転させ閲覧することができます。

インタラクティブ3D

2016年4月1日  IoT(オンライン稼働監視サービス)を開発

業務用端末向けの普及型オンライン稼働監視サービス(ΦfaiCube)のクラウド側の開発のご支援をさせて頂きました。

IoTの開発事例

2016年3月20日  機械メーカの点検保守の導入事例を追記

従来紙で実施していた点検保守をスマートフォンを用いて実施するようにしました。点検箇所の写真、点検結果を容易に入力でき、即座にサーバにアップすることで点検状況の進捗管理も容易になりました。

機械メーカの点検保守

2016年1月31日  医療介護施設へのTechRepo-Webの導入事例を追記

従来紙で実施していた入居者の管理をTechRepo-Webを用いてデータ共有及びペーパレス化を図りました。TechRepo-Webは主に保守点検をターゲットにしておりますが、今回の医療介護向けのように他用途でもご活用頂けます。

医療介護施設

2015年10月16日 クラウド・ITビジネスメッセ 展示会出展

名古屋地区で開催されたクラウド。ITビジネスメッセに弊社のTechRepoシリーズを出展させて頂きました。多くの方にお越しくださいまして有難う御座いました。

クラウド・ITビジネスメッセ 展示会出展